口臭は歯磨きで治る

2016年10月11日

口臭に悩んでおりましたが、歯磨きを丁寧にする事と、歯ブラシを替えることで改善できます。まず使用する歯ブラシはブラシの先が歯の隙間の奥まで届きそうなものを使用して下さい。歯医者さんに行って相談するのがベストです。

そして歯磨きの方法ですが、歯と歯の隙間にブラシを差し込むようイメージで押し当て、掻き出します。普段糸ようじをする習慣のない人はこの一手間だけで歯の隙間の臭いに気付くことができます。奥歯であればあるほど念入りに掻き出します。一番奥の歯の死角になる箇所もブラシが当たるように差し込みます。

下の歯茎は比較的開きやすいですが、上の歯茎は頬の肉が被っているため閉ざされていることが多いです。口の中から歯ブラシの頭で頬を上げるようにブラシを差し込みます。あと、忘れてはいけないのが舌磨きです。

吐きそうになる人はブラッシング圧が強い傾向にあります。優しい力で舌を奥から、下の上のザラザラから汚れを掻き出すイメージで磨きます。数回行います。これでも改善されない場合は、虫歯が原因か、内蔵系の病気が隠れている場合もありますので医師の診察を受けましょう。http://www.rjcproperties.com/

コメントはまだありません

コメントは停止中です。